関節唇損傷(SLAP損傷)

プロ野球選手が推薦する技術力 野球肩専門整体 早期改善&再発予防あきらめる前にご相談ください!

引っかかりが強かった肩の痛みが改善する理由とは…

それは

トップアスリートに支持され15年間の経験実績があるからこそできる痛みの原因の重心バランスから整体をする技術があるからです。

プロ野球選手が当院の技術を絶賛

このようなお悩みありませんか?

  • 肩を痛めた人
  • ピッチャーマウンド
  • 肘を痛めた人
  • 肩を上げるだけで痛みが出る
  • 痛くてボールを投げることができない
  • トレーニングやストレッチに効果が感じられない
  • 肩に不安定感を感じ音がする時もある
  • 肩や腕に力が入りずらい

当院の施術を受けられて、改善したお客様の声をご覧ください

肩の動きがスムーズになり、自分の体のことも詳しく知ることができました!

お客様写真

以前から投げる時に肩の前側に引っかかりを感じていましたが、治療をしてもらってからは引っかかりもなくスムーズに動き投げることが出来ています。体のバランスも整えてもらい首周りの違和感も緩和されました。

捻挫ぐせのある左足首も、これからは「捻挫する心配ないよ!」と先生に言ってもらったので安心しました。

自分の特徴などを聞き、これから自分がどのようなトレーニングをしていけばいいか、バッティングの時にどこを意識することによって打撃力がアップできるかを学ぶことができました。

これからもお世話になりますので、よろしくお願いします。

山本晃大様 さいたま市 21歳 慶應義塾大学野球部 野球肩

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

肩の痛みが改善され、コントロールまで良くなりました!

お客様写真

野球をやっていて肩を痛めました。
そして友達の紹介を受けきむら鍼灸整骨院を選びました。

肩の施術を受け投げれるようになった時に、コントロールが良くなり試合で完投した次の日も肩の痛みはありませんでした。

ありがうございました!

山下元輝様 草加市 12歳 野球 野球肩(リトルリーガーズショルダー)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

諦めていた投球時痛が改善されました!

お客様写真

2年ほど前から肩の痛みが私生活に影響するくらいひどくなり、スポーツ(野球)自体辞めようと思っていました。

「気休め程度に良くなればいいかな・・・」と通院を開始しました。
通院をしてみてたったの一度で思っていたよりも回復して、通院しようか悩んでいた時間がもったいないと感じました。

2,3回くらい診てもらっただけで、キャッチボールを出来る程に良くなり、今では肩の痛みも無く私生活にも影響ありません。

先生からも色々な情報をもらえるので、野球などに役立たせてもらってます。

坂爪様 戸田市 32歳 野球 野球肩

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

もう治らないと思っていた肩の痛みが改善し、違和感なく投球できるようになりました!

お客様写真

現役大学4年生ですが、大学2年から痛みだした右肩の痛みはもう治らないと思っていました。
しかし来院し施術を受けてみると1回受けただけなのにすぐ効果を感じられました。

肩の動かしやすさや違和感なく投げれたのが久しぶりだったので、本当に来院して良かったと思っています。

またLINEで体の事について配信してくれるので、毎回勉強にもなりました。

社会人でも野球を続けるのでこれからも宜しくお願いします。

山本大貴様 越谷市 22歳 野球 肩の痛み

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

肩の痛みが改善し、全力投球が出来るようになりました!

お客様写真

投げるたびに肩の痛みが強くなり、また強く速い投球がしたいという思いから、病院探しを行い「きむら鍼灸整骨院」を見つけ来院しました。

先生の丁寧な説明とリハビリ指導により3回の治療を経て、全力で投げれるようになりました。
次の試合が楽しみです。

木村先生、ありがとうございます!これでまた草野球が楽しめます!
今後もよろしくお願いいたします。

M.N様 川口市 45歳 野球 野球肩

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

他では良くならない理由

肩関節の解剖図

肩関節は、主に上腕骨、肩甲骨、鎖骨、肋骨から構成されている球関節で、人体で最も可動性の大きい関節です。
上腕骨の先端部である上腕骨頭と肩甲骨のくぼみである関節窩がはまり込むような構造になっていて、肩甲上腕関節(肩関節)を構成しています。
肩甲骨と肋骨の間には、肩甲胸郭関節といって、靭帯では直接連結されていない機能的関節があり、肩関節の運動に非常に大きな役割を担っています。

筋肉は、僧帽筋、大胸筋、三角筋、菱形筋、広背筋、前鋸筋、大円筋といったアウターマッスルと、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋といったインナーマッスルが協調して働き、肩関節の運動を円滑に行うように機能しています。

関節唇損傷は、肩を上げていった時に痛みや引っかかりを感じたり、脱臼したことはないが肩が抜けそうな感じがするといった症状が現れます。
関節窩の縁辺に付着する関節唇という軟骨が、接触面積を広げたり、受け皿を深くすることで肩関節を安定させていますが、関節唇上部に上腕二頭筋長頭腱と関節上腕靭帯がついているため、この部位にねじれや引っ張られる力が加わることにより関節唇が傷ついたり裂けてしまったりします。(SLAP損傷)

安静にすることにより痛みは緩和されますが、繰り返し肩を酷使する動作を行うことにより痛みが再発することが多く、3〜6ヶ月たっても改善が見られないことが多いです。

参考までに、SLAP損傷の4つのタイプを記載します。

タイプ1:関節窩へ上方関節唇が付着している状態で上方関節唇に毛羽立ちがある。

タイプ2:上方関節唇および上腕二頭筋長頭腱の起始部が関節窩から剥離し、上腕二頭筋–関節唇付着部に不安定性が生じる。。

タイプ3:上腕二頭筋付着部が無傷の状態で関節唇のバケツ柄断裂が生じる。

タイプ4:関節唇のバケツ柄断裂が上腕二頭筋腱にもおよんでいる。

一般的な治療法

・痛みを緩和させるための電気治療やマッサージ

・インナーマッスルの筋力トレーニング

・湿布や消炎鎮痛薬・血流改善策の処方

・ステロイド注射や鏡視下手術

などがあります。

しかしこれらの治療法で良くなっているでしょうか?

野球肩の痛みの改善はそんなに簡単ではありません。

肩の痛みだからといって、肩そのものにアプローチしていてはいっこうに良くはなりません。

関節唇損傷(SLAP損傷)の原因

肩の痛みを訴えている人の画像

画像診断で関節唇の損傷が発見されれば、損傷を起こしている患部が原因になっているかもしれません。

しかしなかなか改善されない理由は、「身体の重心バランス」あるのです。

肩の痛み引っかかりを感じてから、あなたはどのような生活をしてきましたか?
肩をかばって生活していたり、物を持つ時は痛みが出ないように不安がない方の腕を多く酷使しているのではないでしょうか?

このように偏った使い方で生活や運動をすることによって身体のバランスは崩れてしまうのです。

当院での改善方法

肩の施術

「痛みを取るために電気治療」「筋肉が硬くなってしまったからマッサージ」「インナーマッスルが使えていないからトレーニング」などが、今では一般的な改善方法でしょう。

しかし、痛みが改善しない、引っかかりが取れない根本的な理由は「身体の重心バランス」にあります。
生活の負荷やスポーツの負荷で崩れた「身体のバランス」を取り戻すことで、自然に痛みが改善され、肩の痛みや引っかかりも無くなっていきます。

電気やマッサージ、インナーマッスルのトレーニングなど、肩だけにアプローチをしていてはダメなのです。

身体のバランスを整えるということは・・・
・崩れた骨格バランスを取り戻す
・下半身からしっかり身体を支えることができる
・自然に上半身がスムーズに使える
・肩周囲の筋肉バランスが整う

当院の施術で身体のバランスを整えることにより、しっかりとした手順で身体が根本的に改善していきます。

トレーニングを頑張ってもどこに行っても改善しなくて不安な日々を過ごしている方はぜひ一度当院にご来院下さい。
私たちと一緒に、あの時のような投球できる身体を取り戻していきましょう。

なぜ、きむら鍼灸整骨院が選ばれ続けるのか?当院の6つの特徴

プロ野球選手が推薦する技術力

専門家の視点で痛みの原因を徹底分析

選手の特徴に合わせた投球指導

トレーニング&ストレッチ指導が充実

アフターケアやサポート体制が充実!

夜21時まで営業・予約制だから通いやすい

追伸

痛みを気にする毎日は、

もう、終わりにしませんか?

院長木村

「病院に行ってとりあえず様子をみよう」

「まぁ、いつもの痛みだから整骨院で電気とマッサージしてもらおう」

 

こんな風に病院や整骨院を決めているかもしれません。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

 

安いから、近いからそんな風に決めるのは本当にもったいないことなのです。

 

私がこの業界に入ってまだ2年目くらいの頃に中学3年生の患者さんが来院されました。

その患者さんは中学に入ったくらいから右肘が痛かったようです。
整形外科でレントゲンを撮っても異常がなく、近くの接骨院で痛くなった時だけ電気やマッサージの治療を受けていたようです。たまに痛む程度だったので中学3年間ずっとピッチャーとしてチームを支えていました。

しかしどうでしょう?私がみたときにはもう肘は完全に伸ばすことはできませんでした。肘の軟骨がはがれてしまっていたのです。最悪の結果です。

 

この患者さんは高校三年間でリハビリに苦しめられました。本当につらかったことでしょう。
しかしリハビリを頑張ったので、最後の夏は投手として1イニング登板することができました。

 

もし中学に入ったときに適切に判断され投球を休んでいれば、最悪の結果は回避できましたし、高校3年間はずっと投げれていたはずです。

 

もっとここに早く来てくれていたら・・。
そんなことを思ってしまったことを今でも忘れられません。

 

適切な判断と休むことの大切さ、そして休んでいる間の指導がきっちりできていれば野球が「下手になる」「みんなから遅れてしまう」そんな心配などする必要はありません。

 

自分に合った治療とストレッチ、トレーニングをしていれば必ず回復は早くなります。

その方法を見つけるお手伝いを当院にサポートさせていただけませんか?

 

どこか治療院に行きたいけれど、どこに行ったらいいのかわからない。もう騙されたくないと思っている方こそ、当院にご来院ください。

きむら鍼灸整骨院院長木村勇介

キャンペーン

12月4日〜12月9までに
\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

(鍼治療は別途1,000円〜)

初回 3,300円(税込)
(2回目以降の施術料 8,000円)

先着10名様のみ

→ あと3

※ご予約多数いただいておりご返信が遅くなる可能性がございます。

あらかじめご了承くださいませ。

※当院では保険診療は取り扱っておりません。

料金の詳細は料金ページをご確認下さい。

日曜日・祝日も営業しております。
お気軽にお問合せください。

きむら鍼灸整骨院

〒333-0811埼玉県川口市戸塚3-35-7 シマネビル1F